空き部屋を無くす

経営を始める

アパート経営やマンション経営を行っているときに、代表的なリスクとして空き室、家賃滞納、入居者とのトラブルなどがあります。これらに適切に対応するためには、専門知識が必要になります。また、そのようなことが起こる前に対策をすることが大切です。そうすることでリスク回避をすることができます。
回避する方法として、一括借り上げがります。これは、所有と管理を分離することを言います。一括借り上げがどのように有効でメリットがあるのかを知っておきましょう。

アパート経営やマンション経営をするときには、家賃収入のことが気にかかりますが、安定な経営をするためにも空き室を無くすことがとても大事なことです。不動産経営を上手く成功させるためには、空き室をどれだけ無くすことができるのかが大きなポイントとなります。
年間を通して考えると、入居者は不安定になります。最も入居者が多くなる時期が1年の始まりで、1月から3月になります。次は、転勤の時期が多い9月前です。この時期に入居者が決まらないと他の時期では空き部屋になってしまう可能性が高く、年間通して家賃収入を得ることが出来ない可能性があるので注意が必要になります。そのため、入居してもらうために初期費用や家賃を下げる方法などもありますが、そういったことをしても簡単にリスクを回避することはできないので専門業者に依頼、相談を持ちかけることが必要になるでしょう。

一括借り上げをすることで借上げ会社がオーナーの代わりになって一棟丸ごと管理してもらうことで空き室のリスクを軽減することや空き室が出ている場合でもオーナーに家賃が入るように保証が付けられています。そのようなメリットがあるので、一括借り上げをしているオーナーも数多くいます。